media.preview_image.alt

商品識別コード: is-ahm01

甘納豆 花み餅 雪うさぎ最中 詰め合わせギフト 石黒商店

¥3,850
( / )
税込み
セット

こちらの商品は売り切れとなっております。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

Commitment商品へのこだわり

石黒さん自ら手作業で手間を惜しまず甘納豆づくりを行っている。豆を水に漬けて1日置き、翌日釜で4時間かけて炊き上げる。 さらに砂糖を溶かした蜜に数日間漬け込みながら段階的に豆の糖度を上げていく。最後に釜から取り出した豆に砂糖をまぶし1日乾燥させて仕上げていく。この手間と時間のかかる工程に職人技が光っている。

石黒商店の甘納豆は柔らかく甘すぎないのが特徴で、賞味期限が14日と他の一般的な甘納豆と比べるとかなり短い。それは無添加・無着色で作っている事もあるが、一番は甘納豆の「味」にこだわっているから。

CREATOR生産者

石黒商店 代表 石黒 孝一さん

函館で甘納豆を作り続けて25年以上のベテラン職人の石黒孝一さん。石黒商店の歴史は昭和23年に遡る。創業者である石黒さんのお父さんが雑穀(豆類)問屋として創業したのが始まりで、昭和44年には製あん業もはじめ事業を拡大してきた。そんな石黒商店が甘納豆づくりを始めたのは平成元年。時代とともに豆の卸先であった甘納豆店が減少していく中で、函館市内で最後の1店が無くなりかけたとき、「この地域から甘納豆を無くしたくない」という強い想いでその店を引き継ぐことを決めたのだそうだ。 初めは教えられた通りに作っていたのだが、「美味しい」と思える甘納豆づくりに試行錯誤を繰り返し現在の味になっている。ここまでの道のりは簡単なものじゃなかった。失敗の連続。その度に経験と感性を磨き続けてきた。常に豆の状態や時期、水分含量を感覚で感じながら品質の高い美味い甘納豆を作っている。「豆はいきもの、その日の豆の状態によっても、種類によっても全然違う。人間もみんな違うからそれと一緒だよ。」と笑って話せるのは、これまで数十種もの甘納豆をつくり、幾度とない失敗を経験に変え、技術を上げてきた石黒さんだからなのだろう。