商品識別コード: om03

北斗市産 マルメロフルーツバター マルメロフルーツティー 各120g

¥3,380
( / )
税込み
本数
こちらの商品は売り切れとなっております。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

Commitment商品へのこだわり

フルーツバターとはフルーツにバターのコクをプラスしたフルーツスプレッドのことで、 最近国内でも人気が出始めています。バターとマルメロをじっくり混ぜ合わせて作られる マルメロフルーツバター は、濃厚なバターの味わい と 爽やかなマルメロの香り を同時に楽しむことができます。

マルメロを絞り、煮詰めてジュースを作ります。紅茶と北海道産甜菜糖を加え、さらにシロップ状になるまで煮詰めたものがこの マルメロフルーツティー です。お湯に溶かせば マルメロの香りが広がるマルメロティー になります。ヨーグルトにかけたり 、 炭酸水で割ったり といった楽しみ方もできます。お酒で割ればちょっと 甘めのリキュール にもなりますよ。

 

CREATOR生産者

岡田商店 代表 岡田 勝利さん

北斗市(旧大野町)では身近な存在として市民に親しまれているマルメロ。岡田さんはこのマルメロを使って長年ジャムを作り続けている。最初にまるめジャムの製造・販売を始めたのは地元の青年会議のメンバーたち。地元の特産品をアピールしたいと、生食に不向きなマルメロの商品化に取り組み、このジャムが出来上がったのです。2010年にこのジャムの製造終了の話が持ち上がった時、当時商工会の一員としてまるめろジャムの販売に関わっていた岡田さんは「このジャムが無くなったら地元で作るマルメロ商品が消えてしまう。なんとかして続けたい」という思いで、製造・販売を受け継ぐ事を決めたそうだ。北斗市内を歩くとマルメロの甘く爽やかな香りが感じられる。まさに町の匂いなのだろう。この北斗の町の香りと岡田さんの想いを詰めながらまるめジャムを作り続けている。