商品識別コード: 0112-cc10

北海道チョび 50g×10個

¥5,000
( / )
税込み
こちらの商品は売り切れとなっております。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

Commitment商品へのこだわり

北海道で育った「とうもろこし」にクリーミーなホワイトチョコを浸み込ませた二つの味が一粒で楽しめるとまらない美味しさ。

かつて「土産物にうまい物無し」という言葉があり、安ければ何でも良いという時代があったそうです。そのような時代背景の中、昭和製菓では自社の製品を「兄弟や親戚にもっていってうまいと言ってもらえるか」ということを真剣に考えるようになりました。ある日ふと、自慢できる商品がないことに気がつき、それまでの原価ばかりを気にする考え方を改め、チーズ、小麦粉、砂糖、卵、バター等を北海道産に切り替え、本当においしい商品を作るという方針に転換しました。この決意が、現在に至るまでの北海道産にこだわるという経営方針をつくり、昭和製菓ではより良い製品づくりする意識がスタッフ全員に行き届いています。

CREATOR生産者

昭和製菓株式会社 工場長 平沼 卓也さん

函館老舗和菓子店を退職後、昭和製菓の経営理念である『製造開始から今日までお客様の笑顔のためにお菓子を作り続ける』や『商品作りへの挑戦“いつの時代も皆様に満足していただける商品を”というテーマ』に心惹かれ、ここでお菓子づくりをしたいと思うようになり2003年に入社しました。入社後は、知識や経験を活かし数々の新商品開発を担当し、平成22年に函館圏優良土産品推奨実行委員会が主催する推奨会において第54回に函館市長賞を受賞した「北海道チョび」や、函館スイーツの会認定商品の「生ショコラミルク」の商品化させました。そして、2012年より昭和製菓の工場長を務めています。 日々進化する消費者のニーズを知る必要があり、自らの知識や技術向上を欠かすことができません。そのためには自分の好きを探すことが一番だと思っています。自分が好きなものはどこの原産地のどんな原材料を使っているのか?どんな製法で作られているものが好きなのか?細かい部分を知ることが技術向上と新商品開発の種となります。今後も、美味しいお菓子を作り続け、函館を訪れた人を通じて日本全国の人々を笑顔すにる土産菓子を提供していきたいです。