商品識別コード: 0140-ms3

無濾過・振って食べる菜の花油 100ml

¥3,400
( / )
税込み
本数
こちらの商品は売り切れとなっております。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

Commitment商品へのこだわり

代表の尾田さんは65歳から観光資源のための菜の花畑を作り、ご夫婦で無農薬・無添加・無調整・生一番搾りの菜の花油を作り始めます。 無農薬で育て、天日干し、昔ながらの唐箕で選別します。油の抽出量を増やすための焙煎はせずにそのまま搾油。菜種の栄養成分を失うことがないよう人肌の温度で搾油しています。その後1週間タンクで沈殿させ、自然流下方式で3回ほど濾過すると美しいゴールド色の菜の花油が出来上がります。搾油から商品完成まで10日余。時間をかけて徹底的にこだわり、作り上げています。こだわりの味わいは絶品で、あるレストランではオリーブオイルから菜の花油に切り替えるお店もあるそうです。プロも認めるこだわりの味わいをぜひご家庭でもお楽しみください。

北海道の片田舎で凪の日は漁師となり、海が荒れると農作業を営む半農半漁の5代目(270年)として生まれ育ちました。町議会議員として暮らしを守り、町おこしの仕事に三十有余年携わり、その思いを自ら実現させようと、夫婦二人で菜の花に願いを託し、食の安心・安全をモット-に、農薬を使用しないで国産種の遺伝子組み換えでないキザキノナタネの栽培に取り組んでいます。ナタネを焙煎せず人肌温度の37度の低温圧搾・コ-ルドプレス製法で搾り、無添加・無調整・生一番搾りのナタネ油と、国産で初めての無濾過・振って食べる菜の花油をキザキノナタネ(遺伝子組換えでない)100%で、本物の菜の花油を造りました。

 

CREATOR生産者

天の川・菜の花油工房 代表 尾田 考人さん

北海道の片田舎で凪の日は漁師となり、海が荒れると農作業を営む半農半漁の5代目(270年)として生まれ育ちました。町議会議員として暮らしを守り町おこしの仕事に三十有余年携わり、その思いを自ら実現させようと、夫婦二人で菜の花に願いを託し、食の安心・安全をモット-に、農薬を使用しないで国産種の遺伝子組み換えでないキザキノナタネの栽培に取り組みます。ナタネを焙煎せず人肌温度の37度の低温圧搾・コ-ルドプレス製法で搾り、無添加・無調整・生一番搾りのなたね油と、国産で初めての無濾過・振って食べる菜の花油をキザキノナタネ(遺伝子組換えでない)100%で、本物の菜の花油を造りました。