商品識別コード: 0141-y3

ゆず風味いかさし 150g/瓶 函館市 株式会社はるか

¥4,470
( / )
税込み
こちらの商品は売り切れとなっております。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

Commitment商品へのこだわり

昭和9年近藤さんの祖父が創業した「兼八水産㈱」から、塩辛ブランド「兼八」を引き継いだ近藤さん。「老若男女、みなさんから美味しいと言ってもらえる商品を作りたい。そのためにも安心安全に食べていただける国産の素材を使用することは前提条件」と話す近藤さん。主要食材は出来る限り「北海道産」のものを使用。ただし「いか」についてのみ、昨今の漁獲量の影響から「国産」という形にこだわって製造を続けています。創業当時から変わらない兼八水産㈱から引き継いだレシピを守って、手作業で丁寧に、やさしい味わいの商品に仕上がっています。

兼八では商品に合わせて、感じてもらいた味わいや食感を最大限引き出すために、手作業の工程が多くを占めています。1つの商品でも色々な味わいや食感を楽しんでもらいたいと、あえて人の手でカットしています。さらに、老若男女の全ての方に楽しんでもらいたいという思いから、様々な味付けのラインナップを揃えています。お酒のおつまみになるような濃いめの味付けのものから、柑橘とハチミツを用いて爽やかさと甘さを感じられる味付けなど様々。漬け込み時間も時代によって変化させるなど、丁寧な仕事が生み出す複雑で繊細な味わいを提供しています。

CREATOR生産者

株式会社はるか 代表取締役 近藤 大己さん

北海道函館市生まれ、函館育ち。高校まで函館に、大学・大学院・社会人約5年間を東京にて過ごしました。東京ではコンピュータ関連の勉強と仕事に取り組んでおり、食品とは無関係でした。30歳のときに函館に戻り、父親の会社である兼八水産㈱に入社、製造・販売を学ぶ。初めての食品関係ということうもあり、すべてが新しく、勉強の毎日でした。工場での製品作りに始まり、物産展での販売員、営業職と経験します。2017年に兼八水産㈱から塩辛ブランド「兼八」を引き継いだ㈱はるかを手伝うことになります。今までは研究職でしたので、お客様の声を直接聞く機械はありませんでした。現在は直売店での販売や自社通販サイトでの販売、物産展への出展など、直接お客様からお声いただける事がとても楽しいです。今後はいか塩辛の世界的な地位の向上に役立てるように、海外の物産展など積極的に出店していきたいと考えております。弊社のモットーである「安心安全で、出来るだけ多くの方に食べていただける商品を作る」に繋がるものと思っております。