商品識別コード: 0148-hk10

函館こがね 10袋 (30g/袋)

¥6,700
( / )
税込み
配送料について
北海道・本州は商品価格に送料が含まれております。四国・九州は別途500円の送料を頂いております。
内容
こちらの商品は売り切れとなっております。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

Commitment商品へのこだわり

三友食品の商品は昔ながらのシンプルな製法で作られています。あたりめはイカを直火で焼いて、裂く。燻製さきいかは、「だるま」と呼ばれるボイルされたイカの胴部を燻製にかけて、焼いて、裂いて、味付けをする。工程は至ってシンプルです。シンプルな工程だからこそ、素材が重要になってきます。新鮮なイカは、裂いた時に繊維質のものが多く毛羽立つといいます。この毛羽立ちが多ければ多いほど新鮮で美味しい素材で作られた証だと代表の才木さんは話します。

三友食品ではほとんどの工程が手作業によって行われています。焼きムラが出ないよう、イカを鉄板に手作業で並べる、機械で裂ききれなかったものは目視で確認して人の手で裂くなど。シンプルだからこそ、美味しさの基礎にある、新鮮な素材や丁寧な仕事にこだわり、美味しさを追求しています。

CREATOR生産者

株式会社三友食品 代表取締役 才木 大輔さん

函館市出身。大学を卒業後、大手スーパーマーケットの鮮魚部門にて3年間勤めました。 三友食品の創業者であった祖父が倒れてしまったことを機に、家業である同社に戻ることを決意します。父である才木悟が代表を勤めた上げた後、3代目として代表に就任しました。 函館山のすぐ近くに位置する弊社はあたりめやさきいかなどの珍味が主力製品です。しかし、函館のみならず全国的にいかが不漁になっています。これからは3代目の使命として、いかに頼らない新商品の開発を進めていきたいです。老舗らしく、昔ながらの製法で、手間暇かけながら手作業を大事にして、ここ函館から美味しい珍味を届けていきたいです。