商品識別コード: ma-y3

するめいか山わさび入り醤油漬(140g/袋) 函館市 丸心

¥2,750
( / )
税込み
個数
こちらの商品は売り切れとなっております。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

Commitment商品へのこだわり

山わさびは 蝦夷山わさびとも呼ばれ、普通のわさび(本わさび)とは別物です。香りは本わさびに負けますが、本わさびよりも 鮮烈な辛さが特徴で、北海道の家庭では、山わさびをすりおろしたものに醤油をかけて薬味として使用したり、醤油漬けにしてご飯のおかずにして楽しんでいます。

この商品づくりで一番苦労したのが山わさびの「 辛さ」といかの「 食感」の バランスだそうです。丸心ではこのバランスを工夫し、 大きさや切り方を何度も何度も試行錯誤 して今の 絶妙な味と食感  を生み出しました。

CREATOR生産者

株式会社 丸心

函館で塩辛や松前漬けなどを作っている丸心さん。函館の新鮮なイカを使った商品や、ほっけ、にしんといった北海道ならではの魚介類を使った商品を数多く作っている。この丸心で工場長として現場を指揮しながら、美味しい商品づくりを続けている。なんと工場長はイカマイスターの認定資格を持っており、言わばイカのスペシャリストだ。場内を指揮・管理する一方で、新商品の開発も自身で行っているという、周りも口を揃えて言うほどの多忙ぶり。そんな様子を微塵も感じさせず、笑顔で取材に答えてくれた。新商品が次々出される丸心では、自分達でアイデアを出すだけでなく、特にお客様からのリクエストや要望を参考にしながら新しい味を生み出しているそうだ。常にお客さん目線で商品開発を行う姿勢が丸心の美味しい珍味づくりの原点なのだろう。会社のこと、スタッフのことをお聞きした。「従業員みんな家族のような存在です」。中には何十年のキャリアを持つパートさんも多くいるそうで、笑顔溢れる家族のような関係こそが良いチーム力を生み出し、そして毎日の食卓に地域で愛される丸心の味を提供し続けているのだ。工場長の笑顔がそれを語ってくれた。